Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
在宅ライター

【初心者向け】webライター(在宅ライター)に超絶おすすめの本紹介!

Webライターってどんな知識を身に付けたいんだけど、どんな本を読んだらいいのかな?
僕のおすすめの初心者向けの本を教えるね!

Webライターは、基本的に特別なスキルや知識が無くても簡単にできる仕事です。しかし、ライターとして案件を取っていく中で「記事のクオリティが低い」とクライアントから言われてしまうことも少なくありません。

記事のクオリティに関してはクライアントごとに基準の違いはあれど、だいたいの場合、以下の4つが主な「記事のクオリティが低い」と言われる理由かと思います。

  1. SEOが意識できていない
  2. 記事構成が整っていない
  3. 文章が読みづらい
  4. 記事の情報量が少ない

しかし、あなたがもし初心者ライターであれば、どうやって直したらいいのかよく分からず、結局修正依頼が何回も送られてくるなんてことも少なくありません。

こういった問題は、単純にいくつかのポイントを抑えて記事を書けるようになれば、問題なく記事を書くことができます。多くの人は単純に「Webライティング」に関する知識が希薄なだけなのです。そこで今回は、そういったWebライターの方に向けて、質のいい記事を書けるようになるためのWebライターとしての必読書をいくつか紹介していきます!

Webライターとして必要な力って?

クラウドソーシングでWebライティングの仕事を取ることは、初心者の方でも簡単に出来てしまうことが多いです。なぜなら、キュリエーションメディアや個人のブログ、アフィリエイトサイトの記事が多いので、リサーチすればほとんどの情報が出てくるためです。

しかし、やはり、募集する側としてはいい記事を書いてもらうことで、そのページをより検索ランキング上位に持っていくことが目的です。

Googleは検索者にとって一番分かりやすい情報を提供することを理念としているため、より読みやすく、情報量の多い、検索者にとって最適なページが検索ランキングで上位に上がりやすくなるのです。また、分かりやすい記事を書くことに加えてSEOの知識が必要です。

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、Googleで自分のサイトを検索ランキング上位に表示させる施策のことを指しています。

確かに、検索者にとって読みやすい記事を書くことが一番大事なのですが、検索上位にあげるための記事執筆のコツのようなモノが実は存在するのです。「キーワード選定(どんな検索キーワードで上位にあげるのか)」や「記事構成」などが関係してくるのですが、このあたりが分かっているのといないのとでは、Webライターとして大きな差が出てしまいます。

つまり、Webライティングにおいて上質な記事を書くということは上記の内容を満たした記事を書くということなのです。

Webライターとして必要な力
  • 検索者に向けて分かりやすい記事を書けること
  • 検索者に対して情報の多い記事を書けること
  • SEOに関して理解していること

webライターにおすすめの本3選!

ここまで、Webライターにとってはどんな知識が必要であるか、理解して頂けたかと思います。こういったまとまった知識を一気に得るためには、やはり本が最適です。ここからはWebライターとして仕事をしていくのであれば、是非読んでおいて欲しいおすすめの本3選をご紹介していきます。

1.  新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

これはWebライティングを仕事にしている人であれば是非とも読んでおいて欲しい一冊ですね。著者の唐木氏は音楽情報メディア「ナタリー」で新人教育を担当している方で、本書ではナタリー式のWebで文章を書くためのハウツーが綺麗にまとまっています。

最近では人気ブロガーや、プロのWebライターの方も超オススメしていて、間違いなくWebライターが読むべき必読書の1つではないかと思うので、「文章を書いた経験があまりないので書き方がよく分からない!」といった人は是非おすすめしたい一冊です。

2. 沈黙のWebマーケティング—Webマーケッター ボーンの激闘—<SEOのためのライティング教本>

こちらもWebライティング関連の本として、よくおすすめされる本で、初心者がSEOを理解するのにはもってこいの本です。

内容としてはSEOとは何か?といった初歩的な話から、SEOについての詳しい知識まで紹介しているので初心者がこの1冊を読むととても理解が深まり、記事を書くときの意識も変わってくると思うので、読んでみてください。

3. Webライティング実践講座

こちらは、Webライティングに関する知識が非常に幅広く書いてあるのですが、特に文章の無駄を削る方法について解説している箇所はとてもためになります。

「文章を書いているとついつい長くなってしまって何を書いているのか分からなくなってしまう!」といった人には特におすすめしたい一冊です。

この3冊を読めば、Webライティングの知識は問題なさそうだね!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はWebライターがつけるべき知識と、知識を得るためのおすすめの本をご紹介してきました。

まだWebライティングを始めたての方や、始めてしばらく経つけどなかなか上手く文章が書けない方は是非とも本記事で紹介した本を読んでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事