Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
FX比較・スワップ生活・運用実績

2019年2月【設定と運用実績公開】メキシコペソ・トルコリラの複利運用でスワップポイント生活を目指す!【FXブログ】

2019年のメキシコペソとトルコリラのスワップ生活を目指した取引を公開するね!

いまのところはっきり言って、順調すぎます(笑)のちほど紹介しますが、元金200万円の攻めの投資を現在しています。

これまでのスワップポイントの取組はいろいろとありますが、特に去年は27万円ちょっと勝ち越しで終わっています。

確定申告しなさいねと煽られてます(笑)↓ちゃんとしますよ!

調子のよいときはスワップだけでなくて、為替差益も狙えるので良いですよね↓

細かい経緯はこれまでもブログで公開していますが、メキシコペソと南アフリカランドを主に取り扱って稼いでました。

2018年の取組実績一覧↓

末日の月間取引書から取ってきています。単位は円です。

いつ 元金 累計
スワップ
累計利益
確定額
建玉評価
損益
時価評価
総額
2018/03 85万 +9,524 +61,000 920,524
2018/04 85万 +28,544 +13,000 891,544
2018/05 85万 +45,596 +41,500 937,096
2018/06 170万 +75,173 -109,000 1,666,173
2018/07 170万 +78,176 +49,186 +217,000 2,044,362
2018/08 70万 +60,457 +218,223 -326,500 701,366
2018/09 50万 +72,906 +276,734 -178,500 671,140
2018/10 50万 +87,189 +276,734 -294000 569,923
2018/11 0円 +275,813 775,813

南アフリカランドが11月に価格が戻ったのを機に、全決済して口座をみんなのFXに変更。

メキシコペソとトルコリラの両方を取引する際にはみんなのFXがスワップポイントが高いので、ベストだと考えてます。参考は以下ランキング↓

【2019年1月】メキシコペソ/円のスワップポイント比較ランキング【FX5社】MXN 2/1時点でメキシコペソは5.7円程度で推移してます。 政策金利が日本より高いおかげで通貨を持っているだけで毎日スワップポ...
【2019年1月】トルコリラ/円のスワップポイント比較ランキング【FX8社】TRY 2/1時点でトルコリラは20.8円程度で推移してます。 政策金利が日本より高いおかげで通貨を持っているだけで毎日スワップポ...

さらに以下の記事で詳しく述べていますが、2018年の戦略としてはメキシコペソと南アフリカランドを下がった時に買って、為替差益も得つつ、スワップも得てました。

関連記事:【FXスワップ運用実績報告】個人取引でメキシコペソと南アフリカランドを運用

これが一番コスパが良いと思うのですが、もっとほったらかしで、スワップ生活をしたいなあと考えました。

昨年は50~170万円の間くらいの元本で運用していたので、年利15%以上では運用できていたことになります。こうやって見てみるとやはり高金利スワップはコスパ良いですね。

もうかれこれ10年くらいスワップポイント狙いで取引していて、大暴落も経験していますが、耐えきって100万円稼いでいます。なのでスワップ取引の酸いも甘いもきちんと経験しています(汗)

それは前のブログで紹介しています↓でも、あまり力を入れて紹介していなかったので見なくて良いです(笑)

関連記事:FXで南アランドZARで鬼下がりの地獄の日々を乗りきって100万になった

今年はさらに攻めの年だと思っていて(早く仕事やめたいから(笑))、メキシコペソで年利50%を目指す!と意気込んでます。

2019年のメキシコペソの運用実績【2019年2月5日】

とりあえず2019年1月まではメキシコペソだけで運用してきましたが、一度決済しました。

これまでは以下のような形で推移しております。単位は円です。

いつ 元金 累計スワップ 建玉評価損益 時価評価総額
2018年12月1日 66万 +13,704 -29,150 644,554
2019年1月2日 180万 +70,552 -101,485 1,769,067
2019年2月1日 200万 +120,850 +105,929 2,226,779
2019年2月5日 200万 2,306,162

この230万円をもって、以下のルールで購入後、放置で運用していきます↓

  • メキシコペソは1万円で1万通貨購入します。ただし複利運用なし。
  • トルコリラは10万円で1万通貨購入します。ただし複利運用なし。

メキシコペソは130万円を使って、130万通貨。トルコリラは100万円を使って、100万通貨としました↓

2つの通貨を合わせて運用することで、よりリスク分散して取引ができます。次の項目で戦略を詳しく説明します。

これで年間で、約120万円のスワップポイントが得られる算段です。それも毎年。田舎ならこれで暮らせますね。

上がったときに決済したい気持ちはありますが、まずはガチホで、年末時点で調整する余裕ができるようひたすらスワップを貯めていきたいと思います。

メキシコペソ・トルコリラのスワップ取引にあたり、前提条件はこれだ!

夫くんのスワップ取引の前提条件

みんなのFXで運用

・スワップポイントをひたすら貯めまくって年利50%を目指したい

本来は年利何%とか狙うよりも「妥当な金額で運用して、結果として年利何%だった」という運用が正しいです。ですが、メキシコペソとトルコリラを複合して扱うことによって、妥当に年利50%になるよ!といったところです。

細かい説明はスワップポイントランキングの口座で説明しているので割愛しますが、みんなのFXなら、メキシコペソが1万通貨16円、トルコリラが1万通貨120円のスワップが見込めます。

関連記事:メキシコペソ/円のスワップポイントFX会社比較ランキング
関連記事:トルコリラ/円のスワップポイントFX会社比較ランキング

 

結論としてはメキシコペソは1万円で1万通貨購入します。

これだと購入額から0.8円程度下がるとロスカットになります。1万通貨で得られる年間のメキシコスワップは5,840円です。年利は58.4%ですね。なのでスワップが貯まっていき持っている間にロスカットラインが下がっていきます。図にするとこんな感じ↓

いまの下落トレンドにある程度沿ったロスカットラインの動きではないでしょうか。

つまり、メキシコペソがこのロスカットラインより下回るような値動きをすると、私の負けです。でも実際には、価格が下がるとメキシコは政策金利を上げて対応していることが分かります。


参考:FXプライムbyGMOより

メキシコは隣国のアメリカの影響を受けやすく、アメリカの利上げに伴い、メキシコも利上げで対応しているとみています。

そのため、このラインを大きく割ることはないと考えています。

 

プラスで、トルコリラについても2019年に入りある程度安定してきたと考えてますので、こちらも合わせることでさらにリスクを低減できると考えてます。

結論としてはトルコリラは10万円で1万通貨購入します。ただし複利運用なし。

これだと、購入額から9.8円程度下がるとロスカットになります。1万通貨につき年間のトルコリラスワップは43,800円です。年利は43.8%ですね。なので持っている間にロスカットラインが下がっていきます。図にするとこんな感じ↓

つまり、トルコリラがこのロスカットラインより下回るような値動きをすると、私の負けです。というか2021年のロスカットラインはトルコリラ2円くらいです(笑)今の20円が2年後に2円にはなかなかなりそうにないですよね。

このメキシコペソとトルコリラの通貨をみんなのFXの一つの口座で管理していると、両方がロスカットラインを割る。または一方がぶち抜きまくるという状態にならないとロスカットにはならないんですね。

これは十分にリスク分散になると思います。

しかも、一度購入するとほったらかしで良いし、二つ合わせると年利50%のスワップが得られます。

直近だと、スワップの複利で運用するよりもこちらの方がラクだし、高金利通貨の値動きに合った取引ではないかと考えています。

こちらの方がシンプルで良いですね。

実は、年始にいろいろありました

2018年12月から2019年2月にかけてはメキシコペソだけを取引していて、1500円につき1000通貨のメキシコペソを買ってました。

そして1/3に瞬間的に5.2円を切るフラッシュクラッシュが発生。

このとき私はメキシコペソで-1.25円のロスカットラインを想定していて、4.4円くらいまでは耐えられるので、ロスカットにはなりませんでした。

メキシコペソの安定性のおかげですね。

しかもそのあと余裕で値が戻っています。

仮にロスカットライン-0.8円だったとしても大丈夫だったことになります。

でも同じくスワップ目的で人気の豪ドルなんかだと↓

瞬時に約5円も下がっていて、とても値動きが大きいです。
実際にこんな方も↓

ドル円も豪ドルもトルコリラもどれも値動きが大きいので、スワップ取引の際は底値よりも下にロスカットラインを持ってくること、が必須です。

さらに最悪を考えて、危なそうだな…というラインに来たら追加の資金投入をして、ロスカットから守ることが大事だと思っています。

今回のことでロスカットされた人、マジで多すぎます。Twitterで1/3に山ほど見ました。

みなさんロスカットラインが甘すぎです。もっと余裕のある取引をしないと、ながく投資を楽しめませんよ!

 

実際、私も分散投資をしていて、どれかが危なそうだと思ったら資金移動をして調整するつもりです。他にもまだまだありますが大きいところは以下の3つでしょうか。

トライオートFX約180万円↓

関連記事:【2018トライオートFX運用実績報告】実力はいかに!?【1ヶ月~4ヶ月】

トライオートETF約75万円↓

関連記事:【2018トライオートETF運用実績報告】実力はいかに!?【1ヶ月~4ヶ月】

ウェルスナビ積み立て60万円くらい貯まってます↓

関連記事:妻ちゃんのウェルスナビ設定と運用実績報告!【20代の私がウェルスナビを選んだ理由も!】

なので余剰資金がない場合は、さらに私の倍の設定で以下としても、年利25%になります。

  • メキシコペソ2万円で1万通貨購入
  • トルコリラ20万円で1万通貨購入

実際に年利25%で1年ごとに複利運用できると…↓

10年間で100万円が9倍以上の1,000万円になります!

実際私も、大学時代からコツコツとスワップ運用で増やしてきたので、20代ですが、投資資金は1000万円を超えています。

別ブログでも実績を公開してきましたが、あまり力を入れて更新していなかったので見なくて良いです(笑)↓

FXで南アランドZARで鬼下がりの地獄の日々を乗りきって100万になった

天才投資家のウォーレン・バフェットも年利22%を積み上げることで、資産を6兆円まで増やしました。

負けないでコンスタントに地道に積み上げればお金持ちになることも夢じゃありません。

普通に働いているだけでは、6兆円なんて稼げないですからね。

さいごに

フラッシュクラッシュがありながらも今は余裕で推移しているので、この調子で、どんどんほったらかし投資を増やしていきたいと思います。

現在他の口座でスワップ狙いの取引されている方も、みんなのFXに口座を移した方がオトクだと思います。

ちなみにみんなのFXは以下のリンクからで最大50,000円のキャッシュバックキャンペーン中です↓

トレイダーズ証券[みんなのFX]
また更新を読みに来ていただけると嬉しいです。

一緒にスワップ生活しましょう!

関連記事