Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
FX比較・スワップ生活・運用実績

FX取引においてロングかショートどちらがいいのでしょうか。

FX取引においてロングかショートどちらがいいのでしょうか。

人によってはロングが得意などというのをよく聞きます。理由はよくわからないのですがジンクスの様なものだと推測しています。どちらでも相性が良いのならそちらを選べばいい事だと思いますが、相性が特にないのでしたらスワップポイントが付く方を狙うというのも手だと思っています。

スキャルピングやデイトレの場合にはあまり関係のない事ですが、ある程度の保有期間があれば黙っていても貰える訳ですから、考えてみてもいいのではないでしょうか。

金利差が大きいペアがお得

金利が高い国と低い国との通貨ペアはスワップポイントが大きく、決済するまでに毎日貰えるので日数が長くなればなるほど利益が膨らんで行きます。

ほとんどのFX会社ではスワップポイントの利益を表示させていますから、毎日確認していれば馬鹿にならないことが分かると思います。

これは金利の高い国の通貨で外貨預金をしている感覚と同じことです。

持っていれば金利が付くのは常識なのですが、現在の日本にはその感買うが無い為にあまりスワップポイントの事が話題にならないのではないでしょうか。

逆に銀行各社は外貨預金のキャンペーンをはっているのは、FXへの投資資金を取り戻すためなのかと思ってしまいます。

リスクはあります

スワップポイントが大きいペアの相手国は殆ど新興国で、経済状況が不安定な事が多いのは事実です。そのため通貨価値が暴落する可能性も高く、折角スワップポイントが溜まっても為替差損での損失がそれを上まわってしまったら元も子もありません。為替差損分をスワップポイントが上回っていれば問題はありませんが、急落時の損益の速度にはついていけないのが普通です。なのでエントリーの時期には注意が必要になりますが、これはどのペアでもある程度は同じことです。ハイボラリティーには付き物な事だと考えればさほど特殊な事ではありません。

決済のタイミングが難しい

スワップポイントを貯める為には保有期間が長い事が必須になります。短期決済では目に見えないほどの利益が付加されるだけですから、なくてもいいような物にになります。ここで問題になるのは為替の動きで利益が出た時にすぐに決済すべきかという事です。決済を遅らせてチャートが反転してしまえば含み益はどんどん下がってしまいますから、早めの決済が正解な場合は多くあります。長期的に見て一番利が乗った時に決済することが望ましいのですが、そのタイミングを見極めるのはかなり難しい事となります。

複数ペアを使い分ける

決済タイミングが難しくなる理由には、決済後にエントリーがし辛くなるという事があります。スワップポイントは長期保有しないと期待出来ないのですが、一度決済をした後というのは反転する可能性が高くなっていますからすぐに再エントリーが出来ないという事です。

その事により参加できない時期が出来てしまう事で、決済のタイミングが更に難しくなるのです。これは一つのペアだけを考えた時に問題になるので、複数のペアで考えればある程度は回避できる事です。例えばトルコリラ円で決済の時期が来たと感じたなら、ユーロ豪ドルなどに乗り換える感覚でいればスムーズに決済が出来るようになります。もし他に乗り換えるペアがない時には潔く決済に踏み切るしかないのですが、FXをやっていれば好機を待つのも常識です。

うまくいけばスワップポイントだけで利益が出ます

理想論ではありますが、レートが安定した状態になればスワップポイントだけがどんどん増えていき為替リスクを考える必要が無くなります。つまり金利で生活するようなイメージが出来るのです。当然為替リスクが無くなる訳ではありませんから注意は必要なのですが、余裕が出来るのは間違いありません。

乱高下している時は危険

レートが安定していないときはエントリーするのはかなり危険です。通常の取引であればロングとショートをうまく使い分ければチャンスなのですが、スワップはどちらか片方だけにしか付きませんから含み損が一気に増える確率が高くなってしまいます。両建てで対応する事も可能ですが、慣れていないと混乱を招いてしまいます。長期のトレンドが発生している時が、最良のエントリーポイントでしょう。トレンドが終わるまで保有すればいいだけになりますから、楽なトレードになります。

スワップポイントもありますくらいで

最初からスワップポイントを貯めると考える必要はなく、ロングかショートか迷ったときなどにスワップの付く方向を優先するくらいでもいいかもしれません。つまり二つに一つならば付加価値が多い方で行くかという事です。これをやっていてスワップポイントがが貯まりだしたら次のステップで考えればいい事かもしれません。ある程度の余裕をもってトレードに望むことはどんな時でも必要な事ですし、思い込みの様なものは危険ですから、状況によって判断する事が重要です。

関連記事