Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
FX比較・スワップ生活・運用実績

【FX】スキャルピング・デイトレード・長期スイングトレードどれが有利?【ベストな保有期間】

FX取引では数分で終わる事もあるスキャルピングから一日で完結するデイトレード、更には一週間もしくはそれ以上の期間で決済するスイングトレードまであり、トレーダーは自分のニーズに合わせてスタイルを決めています。

リスク面から考えればスキャルピングでしょうし、一回の利益の金額で考えればスイングだと思われます。

ただし成功するかどうかで利益は変動しますので簡単にどちらがいいかを決めるのは困難です。

待つのが嫌いなのであれば必然的に決済までの時間は短くなりますから、それだけでスタイルを決めるのもありだと思われます。

FXにおいては性格的なものが与える影響が大きいので、性格的に無理をするだけでリスクが高まる可能性もあるからです。

取引に使える時間

専業の人であれば好きな時間帯にトレードする事が可能ですが、本業を持つ人は時間帯は選べなくなります。許される時間帯で何が出来るのかが重要になってきます。

値動きが大きいのはNY時間帯ですのでそこを狙う人は多く、次いでヨーロッパになります。

その時間帯に取引が出来なければ違う時間帯を考えるしかありませんから、どこを狙うべきかよりもどこが狙えるかを考えねばなりません。

リスク管理をとるか一攫千金をとるか

乱暴な言い方かもしれませんが、リスクを取れなければ儲ける事は出来ません。

勝率100%などはあり得ない事だというのが基本中の基本です。

負ける事は覚悟しておかないと参加できないのが投資の世界です。負けをいかに少なくするかを主に考えるか、いかに大きく勝つかを主に考えるかでトレードスタイルは決まるのかもしれません。

これは損切をするタイミングにも大きく関わってきます。

1000円損をした段階でこれ以上の損害は受け入れられないと考えるか、1000円等すぐに取り返せると考えるかでその後の行動は決まります。

最悪なのは受け入れられない損害を放置してしまう事です。

テクニカルやタイミング

チャートを見る時にテクニカルを使わない人はあまりいないと思います。それほど役に立つものだからでしょう。だからと言って必ず勝ちにつながるかと言えば否というべきでしょう。

いわゆるダマシの様なものはどんなテクニカルにも存在しますし、各テクニカルの使い方も一つではありません。あくまで補助的に使うもので、どのように使うかもトレーダーが決める事なのです。例えばMACDでゴールデンクロスが表れたとしても、どの時間足で使うかで違いが出てきます。

さらにはゴールデンクロスが確認できたらすぐに売買するか少し様子を見るかでも大きな違いが出てくるのです。

このような事は経験的に決めていくことが必要だと思われますが、なかなか決められない人も多いでしょう。中には時間足を頻繁に変える人も存在していて、それで成功する場合もあるのは事実です。

要は自分に確信が持てるかが問題になります。自動売買でも戦略を決めるのはトレーダーですし、他人の意見で勝てるのであればそれを採用する事も手段の一つです。迷いを無くすことが重要なポイントになるのかもしれません。

勝ちパターン

どんな人でも大勝すれば嬉しさもあっていつまでも覚えていることが多いでしょう。

あの時は特別だったと言える人は案外少なく、同じパターンに持ち込めれば勝てると思う人のほうが圧倒的に多いのが現実です。

ではどうして同じパターンに持ち込めないのでしょうか。

それは簡単な事で、分析が足りないからです。

単に何かイベントのせいだったと思うのであれば同じイベントは二度とないでしょうからパターンを認識する事は出来ません。

でももしかしたらイベントによる動きにもパターンがあるかもと考えれば勝ちパターンを見出すこと事は出来るかもしれません。

参考に出来る要素は世界レベルでの経済状況から自分自身のマインドに至るまで、きわめて多くのものがあります。

全部を分析するのははっきり言って無理だと思われますし、仮に出来るとしてもそれにかかる時間や機器は膨大なものになります。

そこまでしなくてもある程度の目安を作る事で勝ちパターンを作る事は可能ですから、そこから考えるべきでしょう。

だからと言ってパターンが完全だと思うのは間違いなのは前提条件です。

どうやって自分のスタイルを決めるのか

色々な要素がある事はお話してきましたが、最終的にはスタイルを決めるのは自分自身という事です。

世間で言われるパターンを信じるのも信じないのも個人の裁量ですし、それだけで勝てるのならすべての人が同じことをしているでしょう。

つまり絶対的な勝ちルールの様なものは存在しないという事なのです。その中で少しでも勝率を上げるために出来る事を探しているだけなのです。

負けた時には負けた理由を認識する事が大切なのであって、それが出来なければ同じ過ちを必ず犯してしまいます。

勝ったときでも同様で理由が認識出来ていなければ再現する事は出来ません。

無論完全な再現は不可能ですが、類似点をいかに多く見つけられるかが確率論的にも重要な事となるのです。

過信は危険ですが、自分の勝ちパターンを持つことで勝率が上がるのは事実と言ってもいいでしょう。

関連記事